ホーム

医療関係の皆さまへ

教育研修について

教育研修について

看護職員教育システム

教育研修について

七尾病院では、全看護職員を対象に国立病院機構の「看護職のキャリアパス制度」を基に、卒後1年目から生涯教育としての研修システムを備えています。特に卒後1年目から概ね5年目までは「看護職員能力開発プログラム」に沿って機会教育と集合教育を通して、段階的に学ぶシステムをとっています。さらに、実習指導者、看護教員、看護管理者、医療安全管理者、またより専門性の高い認定看護師・専門看護師の道へ進むこと、ジェネラリストとして多くの医療分野の看護を経験し、EBMに基づいた正確で丁寧な看護実践能力を備えた看護師を目指すことができるよう支援しています。

看護部教育方針

  • 看護実践能力を段階的に習得できるよう研修を行い、職業人としての成長を目指します。
  • 機構病院が担う政策医療を実践していくための専門看護実践能力を広く獲得できるよう院内教育を行なっています。
  • 昨日より今日、今日より明日へと成長できるようサポートいたします。
教育研修について 教育研修について

看護部教育体系図

新人研修とエキスパート研修について

新人研修

新人研修では、プリセプター制をとっており、職場への早期適応と看護実践者としての基本的能力を習得できるよう支援しています。集合教育では知識、技術だけでなく、研修生の不安、悩みや、看護についての話し合いの場を設けることで、自分だけでなく研修生皆がそれぞれ悩みをもっていることを知り安心したとの声がきかれました。そこから、自己の課題を見出し、目標をもち頑張っています。現場(各看護単位)では、集合教育との連携をはかり、プリセプターだけでなく、スタッフ全員が暖かく見守りながら、個々に応じた支援を行っています。

「急変時の対応」研修
「急変時の対応」研修

>静脈注射研修
静脈注射研修

エキスパート研修

エキスパート研修では、当院の担う政策医療看護の充実、向上を目指し、重症心身障がい児(者)・結核・神経難病看護の院内認定看護師を育成しています。政策医療における専門的知識・技術の向上だけでなく、院外実習として機構内の病院の精神科実習を企画し、患者さんの理解、患者さんの心に寄り添う看護が実践できる看護師を目指して研修を行なっています。現在までに、11名の院内認定看護師が誕生しました。

結核看護院内認定看護師は、院内で全看護職員を対象に結核に関する講演を行なったり、院外では、石川県の結核拠点病院である当院が主催する「石川県結核臨床研修会」で、病院・施設に働く多職種の医療従事者を対象として講義を行なうなど活躍の場を広げています。

神経難病および重症心身障がい児(者)看護院内認定看護師は、院内の看護実践レベルアップをはかるための研修企画や、看護学生に対しての講義,実習指導を行うなど、政策医療分野における役割を担いながら、自己研鑽にも努めています。 


七尾病院 院内認定看護師たち
  • 平成19年度:結核看護院内認定看護師3名誕生
  • 平成21年度:神経難病看護院内認定看護師4名誕生
  • 平成22年度 重症心身障がい児(者)看護2名誕生
  • 平成25年度 結核看護院内認定看護師2名育成

医療関係の皆さまへ

独立行政法人
国立病院機構七尾病院

〒926-8531
石川県七尾市松百町八部3-1

TEL 0767-53-1890 メールでのお問い合わせ 地図

交通アクセスの詳細はこちら

診療時間

スマホサイト

携帯版サイト