教育研修について

看護師(常勤・非常勤)募集中! 詳細は職員募集をご覧ください。

看護職員教育システム

教育研修について

七尾病院では、国立病院機構の「患者の尊厳を守り、理論と技術をもって実践し、看護を創造する」ことができる看護師育成を目指しています。研修システムは、自分の実践した看護をリフレクションしながら目指す看護に向かってステップアップしていける国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム」を基にしています。特に卒後1年目から中堅看護師までは「看護職員のキャリアラダー」に沿って機会教育と集合教育を通して、段階的に学ぶシステムをとっています。さらに、実習指導者、看護教員、看護管理者、医療安全管理者、またより専門性の高い認定看護師・専門看護師の道へ進むこと、ジェネラリストとして多くの医療分野の看護を経験し、EBMに基づいた正確で丁寧な看護実践能力を備えた看護師を目指すことができるよう支援しています。

看護部教育方針

  • 看護実践能力を段階的に習得できるよう研修を行い、職業人としての成長を目指します。
  • 機構病院が担う政策医療を実践していくための専門看護実践能力を広く獲得できるよう院内教育を行なっています。
  • 昨日より今日、今日より明日へと成長できるようサポートいたします。
教育研修について 教育研修について

看護部教育体系図

新人研修とエキスパート研修について

新人研修

新人研修では、プリセプター制をとっており、職場への早期適応と看護実践者としての基本的能力を習得できるよう支援しています。集合教育では知識、技術だけでなく、研修生の不安、悩みや、看護についての話し合いの場を設けることで、自分だけでなく研修生皆がそれぞれ悩みをもっていることを知り安心したとの声がきかれました。そこから、自己の課題を見出し、目標をもち頑張っています。現場(各看護単位)では、集合教育との連携をはかり、プリセプターだけでなく、スタッフ全員が暖かく見守りながら、個々に応じた支援を行っています。

「急変時の対応」研修
「急変時の対応」研修

>静脈注射研修
輸液ポンプ研修

エキスパート研修

エキスパート研修では、当院の担う政策医療看護の充実、向上を目指し、重症心身障がい児(者)・結核・神経難病看護の院内認定看護師を育成しています。政策医療における専門的知識・技術の向上だけでなく、院外実習として機構内の病院の精神科実習を企画し、患者さんの理解、患者さんの心に寄り添う看護が実践できる看護師を目指して研修を行なっています。現在までに、11名の院内認定看護師が誕生しました。

結核看護院内認定看護師は、院内で全看護職員を対象に結核に関する講演を行なったり、院外では、石川県の結核拠点病院である当院が主催する「石川県結核臨床研修会」で、病院・施設に働く多職種の医療従事者を対象として講義を行なうなど活躍の場を広げています。

神経難病および重症心身障がい児(者)看護院内認定看護師は、院内の看護実践レベルアップをはかるための研修企画や、看護学生に対しての講義,実習指導を行うなど、政策医療分野における役割を担いながら、自己研鑽にも努めています。 


七尾病院 院内認定看護師たち
  • 平成19年度:結核看護院内認定看護師3名誕生
  • 平成21年度:神経難病看護院内認定看護師4名誕生
  • 平成22年度 重症心身障がい児(者)看護師2名誕生
  • 平成25年度 結核看護院内認定看護師2名育成
  • 平成28年度 重症心身障がい児(者)看護師2名誕生

老人看護専門看護師(CNS)の紹介

田本 奈津恵 (たもと なつえ)

 専門看護師の具体的な仕事は、大きく6つあります。「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」で、対象は患者さんやそのご家族、そして病院スタッフです。実践とは、毎日ベッドサイドで高齢者の日常生活援助(食べる・清潔・排泄・眠る・活動など)を行うことです。その他に専門看護師は、生活上の相談を受けることができます。例えば、認知症の方とのコミュニケーションが上手くいかない、認知症の方の行動が理解できず、対応に困る、一口でも味わう(食べる)ことへの支援、家族の思いと医療者の思いの違いで悩む、退院後の生活のイメージができず不安がある、夜眠れない、病気を持ちながら家で気をつけること、などの相談にのりたいと思っています。何か困ったな、迷うな・・と思うことがあればいつでも声をかけて下さい。看護師なので生活者の視点を大切にし、高齢者ご自身がこれで良かったと納得できるようなケアを実践していきたいと思っています。

 七尾病院には、日々繰り返されるケアを大切にしているナース、創意工夫のアイディアが抜群のナース、患者さんを思わず笑顔にしてしまうナースなど素敵なナースが沢山います。また、医師、リハビリスタッフ、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、指導室、ソーシャルワーカー、事務部門が力を合わせて患者さんを支えています。そんな環境の中で、私自身これから成長し、学び続けていきたいと思っています。

田本 奈津恵 (たもと なつえ)

感染管理認定看護師(CNIC)のご紹介

 私は、平成20年度から院内の感染防止対策チームの一員として活動しています。研修や学会に参加するたびに、職員全員が感染防止対策を正しく判断し実施できる知識を持つことが重要であることを感じ、感染管理の知識と技術をもっと学び、伝えたいと思い、平成26年に認定看護師教育課程を受講し、平成27年6月に感染管理認定看護師に認定されました。

 感染管理は、「面倒くさい」「よくわからない」「お金がかかる」という印象が強いですが、衛生環境・不衛生環境を分別し、正しい知識と技術を持つことが重要なのです。患者さんが抗菌薬の点滴を施されるのは、「仕方がないこと」ではなく、感染防止対策をしっかり行うことで、感染症を防ぐことができるのだと思います。

 以前、感染管理受講時に聴いた「感染管理とは 100-1=0 である」。という言葉が忘れられません。一人でも感染防止対策を実施できなければ結果は「0」であるという意味です。感染管理の対象は目では見えません。それ故、感染管理の必要性に対する理解を得るには困難を要します。しかし“感染が起きていない”ということは目で確認できます。

 必要な感染対策について、すべての職員の相談に応じたり、職種に応じた感染対策が実践できるよう現場に出向き、ともに考えたり、患者さんにとって安
全で安心できる生活環境の提供を職員全体で整えていきたいと思っています。
また、職員には安心して働ける職場環境を一緒に作れるよう、院内の各部門の調整役として、仲間を大切に明るく活動していきたいと思います。感染管理活動は多岐に渡ります。感染管理を担当する医師、薬剤師、検査技師、事務部門などICTチームと協同して、当院で生じている様々な感染に関する問題の解決や、現状の改善に向けて貢献することが私の役割です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院のご案内

独立行政法人
国立病院機構七尾病院

〒926-8531
石川県七尾市松百町八部3-1

TEL 0767-53-1890 メールでのお問い合わせ 地図

交通アクセスの詳細はこちら

診療時間

スマホサイト

携帯版サイト